地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、霧島・姶良の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

霧島・姶良の地域情報サイト「まいぷれ」霧島・姶良

霧島・姶良(霧島市・姶良市・姶良郡湧水町)エリア選択

こんな見学会に行ってはいけない??

 株式会社 新建設のニュース

こんな見学会に行ってはいけない??
住宅の完成見学会。それは新規のお客様獲得の目的での展開がされています。でも、そこに変な展開を繰り広げている会社もあるので要注意でしょう。

1、新聞に入っていた見学会のチラシ

新聞に見学会のチラシが入っている会社は少々やばい。今や若い人は新聞は読みません。なのでターゲットを30代に設定している会社は新聞チラシなど使いません。

そんな状況下で新聞チラシを使う会社は世の中の流れが読めていない。つまりは建てる家も化石みたいな家になっている可能性が高い。

自分の知る範囲ではシューズクロークとかパントリーとかの概念が無い場合が多いですね。

2、見学会で手袋を勧められる

これはデリケートな内装材を使っている証拠です。見学会でそう出るという事は実際の生活ではもっとシビアになるのでお母さんは子供に小言ばかりとなる可能性が高いでしょう。

傷が入りやすい内装材とかを使っているとなれば生活自体が傷をずっと気にしての生活ですからね。家の中でそんな事に気を使うって疲れそうです。

3、外に営業マンが並んでいる

受付のテントが建っていてそこにはスーツ姿の営業マンが並んで立っている。これは素晴らしい営業のスタイルですが、裏を返せば強引な営業をされるという事です。

家を見学する最中もずっと営業マンがしゃべるパターンになります。家に特徴が無い場合の営業スタイルですから、普通の人は押しに押されて根負けするパターンになります。

4、会場の周りに出店が有る

最近多いのがこのパターンです。家で集客ができないために食事や小物のお店を出してそっち側で集客する。集まったら強引に営業を掛けるというパターンです。

物をもらった負い目から言いなりになる普通の人をターゲットにしています。

家おにこだわりのある人は無駄な時間を過ごす事になり事でしょう。

事細かなパーツの話をする営業マンとかも危険で、断熱材の話とかを永遠とするパターンは、家の事がよく分かってない証明でもあります。

一生に一度の家づくりです。本質を見るようにしないと失敗をします。気を付けましょう!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・新潟」のブログ←はこちらです!!


お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。


名称 株式会社 新建設
フリガナ カブシキカイシャ シンケンセツ
カテゴリ [住宅] 建築・設計・施工
住所 899-5231 姶良市加治木町反土1442-8
アクセス お車:九州自動車道 加治木ICより1分
電車:日豊本線 加治木駅より徒歩8分
電話番号 0995-62-1064
ファックス番号 0995-63-4892
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜
駐車場 有り
建設業許可番号 鹿児島県知事 許可(般-23)第15320号
関連ページ
もみの木ハウス・かごしまオフィシャルHP
もみの木ハウス・かごしまブログ
もみの木ハウス・かごしまインスタグラム
もみの木ハウス・かごしまFacebookページ
もみの木ハウス・かごしま求人ページ
建築・設計・施工[建設業(新築住宅 建築設計 施工全般)]

株式会社 新建設

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。