地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、霧島・姶良の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

霧島・姶良の地域情報サイト「まいぷれ」霧島・姶良

フリマの心得

買う人編 ~値切るコツ~

やっぱりフリマはこれが決めて! 楽しく値切って得しちゃおう!

値切りのコツ

こういうお客はいやだ
こういうお客はいやだ
フリマの楽しみのひとつは、値切り交渉♪

お店の人と楽しく話して、ガッツリ値切ってお得に買い物!
フリマで買い物をする時は原則として値切りましょう!

しかし値切るにも礼儀あり

あくまでも対等の立場ということを忘れずに。


フリマの出店者が、「こんな人は値下げしたくない」と思うのは、

・上の立場でものを言う(買ってやるよ、という態度)
・値下げしか口にしない。しかもしつこい。
・断りもなく品物をひっかきまわし、しかも片付けない。


だそうです。

それなら買ってくれなくていいよ、と思ってしまうので、値下げは難しくなりますね。
まとめ買いは交渉を有利にする。
まとめ買いは交渉を有利にする。

値下げしたくなるお客さまとは…?

逆に安くしてあげたくなっちゃうのは、

・品物についていろいろ聞いてくれる(大切にしてくれそう)
・挨拶してから話しはじめる(気分がよい)
・ホントにお金の無さそうな学生(かわいそう…)
・いくつかまとめて買ってくれる人

です。特に最後の「まとめ買い」は有効。たくさん買ってくれる人にはけっこう値下げしてくれるものです。

さあ、交渉してみよう!

さて、値切る時はまず、自分でその品物の価値を見定め、これくらいまでなら出してもいいな、という価格を決めて、その価格の7割か8割の値段から交渉をはじめるとだいたい希望通りになることが多いようです。

例えば、欲しいと思ったモノの値段が1,000円のとき、800円で買おうと思ったら、半額の500円くらいから交渉してみる、という感じです。ただし、本当に欲しいものならあまりしつこく値切らないで、さっさと買ってしまいましょう。

洋服は値切りやすい?

洋服は狙い目!<br>
洋服は狙い目!
季節に関係なく売れる雑貨類よりは、かさばるし流行に左右される洋服の方が値下がりしやすい傾向にあります。
 
最初に店主に聞いた時の値段があまりにも高い場合はさっさと諦めて、次のお店を見に行きましょう。
もちろん人により交渉の仕方はさまざまですし、得手不得手もあると思いますが、最終的に自分が満足する値段で買えればそれでいいのです。

価値のあるモノとは

どれだけ値切れるか、ではなくて、自分にとって価値のあるモノを納得のいく値段で買うってことが重要ですよね?

10円でもいらないモノは買わないし、1,000円(←フリマは高額の域)でも欲しいモノは手に入れる。
「安物買いの銭失い」にならないよう気をつけて楽しみましょう。

フリマの心得TOPへ
買う人編へ
売る人編へ

人気のキーワード