地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、霧島・姶良の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

霧島・姶良の地域情報サイト「まいぷれ」霧島・姶良

フリマの心得

フリマの心得 売る人編

何度もフリマに通ううち、「自分も出店してみたい!」って思ってきたあなた!
思うなら出しちゃえ!

せっかく出すなら経験者にコツを聞いて、しっかりお店を開きましょう。
というわけで、月に1度はフリマに出店しているというピノコさんに「出店の極意」を教えてjもらいました。

予約をしよう!

まずは出店の予約をします。
フリマはいろいろな団体が開催していて、出店料もさまざま。
手持ちで1,500円~2,500円くらい、車出店ならプラス1000円と考えておくとよいでしょう。車出店は、搬入や撤収が便利なので、商品の数が多いときや大きなものを出すときには便利ですね。

出店料の他に登録料や会費が必要な場合もありますので、申込みの際にきちんと確認をしましょう。
友達と一緒に出して、出店料を半分ずつにするのも良いですネ。

場所についてはお好みで。、人出の多い大会場にするか、近くて便利な地元の会場にするかなど、日程や予算と相談して、出店の予約を取りましょう!

何を売るか

どんなに安くても動物の販売は基本NGです。
どんなに安くても動物の販売は基本NGです。
基本、フリマは“不要品”を売るところです。

自慢の手作り人形をみんなに紹介したい!
手作りお菓子を売りたい!

などという場合は登録時に要確認。
主催団体によっては、「家庭内の不要品に限る」という決まりのところもあります。

衛生上、飲食物などの販売を禁止されているところも多いので、出店の規約をよく読んでおきましょう。
また、手作り品やアート作品などは、フリマとは別に「手作り市」なども多く開催されているので、そちらに出店するほうがよいかもしれませんね。

商品を集めよう

出店の日が決まったら、商品の準備。家中ひっくり返して、不要品をねこそぎ持っていきましょう!(もちろん持てる範囲でね)

また、「今度フリマ出すから、いらないもの引き受けるよ」と、お友達に声をかけてみましょう。
「じゃあ、私のこれも持って行って」と、商品が集まってくるかも。
使わないけど、捨てるのはイヤ…誰かに使って欲しい…

と思っている人は、意外と多いものですよ。
ただし、友達から商品を提供してもらうときは、売れ残ったときにどうするかをきちんと決めておくことをおすすめします。

道具の準備

■小銭&銭箱
お釣り用の小銭です。100円玉と50円玉を合わせて、2,000円分くらいは用意しておきましょう。値段を100円単位、50円単位くらいに設定すれば、そのくらいで充分対応できます。お金はフタ付きの缶などに入れて、しっかり管理しておきましょう。

■袋
お客様が全員エコバッグを持っているとは限りません。
買い物をする時にもらう袋をためておいて、ごそっと持っていきます。買ってくれた人に毎回「袋はいりますか?」ときいて、必要な人にだけあげるようにします。


■お店になるもの
ホームセンターで売っている、大きなブルーシートがおすすめです。この上にいろいろと商品をならべてお店にします。
店番用に、椅子があると便利です。長時間地面に座っているのはけっこう辛いんです…
100円均一で売っている小さなパイプ椅子でもOKです。


■ガムテープ、マジック、新聞紙
紙より布テープをおすすめします。
これに数字を書いて服に貼れば、アラ値札。
風の強い日にはシートを抑えてくれたり、段ボールを補強してくれるし、とにかく持っていって損はなし。
新聞紙は食器などの割れ物を出す場合に必要なほか、持っていて損はないアイテムです。


■ティッシュペーパー、トイレットペーパー
フリマの会場となる公園などには、トイレはあってもペーパーがない場合もあります。特に人出の多い場所なら必須! 私は常にロールで携帯。トイレ待ちの前後に並んだ人々を、これで何人救ったことか。

おやつはちょっとお腹にたまるものがいいよね
おやつはちょっとお腹にたまるものがいいよね
■冬は防寒、夏はUV対策
冬は毛布、夏は帽子、これ重要です。
お店の人が熱中症で倒れてしまっては大変!
一日中外にいる、ということを忘れないようにしましょう。

■水筒&お弁当&おやつ
会場が公園などの場合、コンビニや飲食店が近くにあるとは限りません。それに、店番をしていたら、食事や買い物に行くことができないですから。
店番は体力勝負! 簡単に食べられるおにぎりやサンドイッチ、ちょっとつまめるおやつを持ってきましょう。
フリマに慣れてきたら、アイテムもパワーアップしてみましょう。
準備はできましたか?
さあ、フリマ当日です!

フリマの心得 TOPへ
買う人編へ

人気のキーワード